FC2ブログ
スマートフォンで遊ぶブログです。 設定方法、アプリ&ソフト、便利な使い方まで、わかりやすく紹介しています!

ウイルス対策について

やりたい放題のAndroidなわけですが、やりたい放題の分、自己責任でしっかりと自己防衛していないと後からトンデモナイことになりかねません。



やはり、Androidで最も気をつけるべきは情報を盗み取ろうとするウイルスに感染することではないでしょうか?




参考記事:トレンドマイクロ、Android端末を狙う不正プログラムが2012年末までに12万個に達すると発表


ANDROIDはAppleのiPhoneに比べると、規制がほとんどなくインターネット上で自由にアプリなどが配信できるようになっています。



マーケットの自由度は非常に高く、Androidアプリやその発展にはすこぶる良い環境なのですが、その反面ダークサイドな部分までもがフリーであるという実態があります。





iPhoneであれば、アプリの公開はかならずAppleのiTunesストアを経由しなければならず(脱獄は除きます)、そのためiPhoneユーザーは悪質なアプリから守られる環境が整っています。



が、その分アプリの公開には非常に厳しい条件と制約を満たしていなければならず、図らずも自由な発展という意味では大きな足かせになっていました。


Android SDK
Androidはオープンソースで誰でもアプリを開発、公開することができる。


片や、Androidでは、アプリの公開についてはオープンソースのAndroidらしく「ほとんど」といっていいほど制約がなく、Googleの提供するサイトであるPlayストアを経由しなくても、誰でも自由にアプリを作成し、インターネット上のWebサイトなどでアプリを公開、取得できるようになっています。


このように裏を返すと自由なAndroidアプリのマーケットが、実は悪質なアプリ開発者(ウイルス)の温床となっているのです。



Androidユーザーは自分自身で、使用するスマートフォン、タブレットが悪質なウイルスやアプリがインストールされないような、また悪質なメールが送り付けられないような防御をして、重要な情報が盗み取られるような犯罪に巻き込まれないようにする必要があります。




AVAST!MobileSecurity
Androidには無料でも、優秀なセキュリティsプリが揃っている♪



まだAndroidが発展途上であり、アプリを配信するマーケット(ネット環境)がオープンであるところが大きいですが、環境としては今までの携帯電話よりもよりWindowsなどのパソコンに近づいたということになります。




トレンドマイクロでは、以下の対策をオススメだそうです。


1.セキュリティソフトやサービスをインストールすること
2.Android端末の標準装備のセキュリティ機能を活用すること(「設定」-「現在地情報とセキュリティ」)
3.「Wi-Fi」の自動接続を無効にすること
4.公式 Android Market や信用ある Androidマーケット以外を利用しないこと
5.アプリをダウンロードする際、デベロッパー(配信元)を確認し、ユーザーのレビューにも目を通す。
6.ダウンロードするごとに、アクセス許可項目を確認し、許可する前に、そのアプリの機能上必要がどうか、十分に確認すること


>>Android無料『セキュリティ』の紹介はこちら

>>Android有料『セキュリティ』の紹介はこちら



スポンサーリンク


関連記事
スポンサーサイト



ポチッとお願いします♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード クレジットカードでID登録するなら、楽天カードが絶対オトクです!!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
► 音楽を聴く♪
► HowTo
 ・失くしたスマホを探す
 ・パソコンでアプリダウンロード
 ・スマホをWi-Fiでつなぐ
 ・RealPlayerをダウンロード
 ・YouTube→スマホ
 ・動画を音声ファイルへ変換
 ・スマホの電池を長持ちさせる  ・エミュレータでファミコン
 ・ダウンロードした動画を見る
 ・YoutubeをMP3に変換する
 ・SDカードが読み込めない
 ・動画を見よう
 ・マンガを読もう
 ・電子書籍を読もう
 ・写真を撮ろう
 ・壁紙を変更する