FC2ブログ
スマートフォンで遊ぶブログです。 設定方法、アプリ&ソフト、便利な使い方まで、わかりやすく紹介しています!

お気に入りCDをスマホで聴く

持っているCDから曲を取り込んで、スマートフォンで聞く方法を紹介します。


【参考】Airdroid(エアードロイド)を使って無線Lanで取り込む方法はこちら



手順は

1.CDの曲をパソコンに取り込む
     ↓
2.パソコンからUSBでスマホに転送する
     ↓
3.スマホのプレーヤーで再生する


たった、これだけです!


めっちゃかんたんなので、誰でもできます♪


では、さっそく紹介します。



スポンサーリンク




1.CDの曲をパソコンに取り込む



お気に入りCDをパソコンに取り込むにはRealPlayer(無料)を使います。



↓↓RealPlayerの無料ダウンロードはこちら




お気に入りCDをパソコンに取り込む詳しい方法はCDをパソコンに取り込むで見て下さい。


>>【参考記事】CDをパソコンに取り込む





次にお気に入りCDをドライブトレイに入れます。





「はい」をクリックします。






するとお気に入りCDのパソコンへの取り込みが始まります。





しまらく待つと完了です!




これでパソコンへのお気に入りCDの取り込みが完了しました。


詳しい方法は・・・

>>【参考記事】CDをパソコンに取り込む

で見て下さいね。




次はこのデータをスマホに送ります!



スポンサーリンク




2.パソコンからUSBでスマホに転送する



つぎにスマホとパソコンをUSB接続します。


>>【参考記事】パソコンとスマホをつなぐ



スマホの画面ロックを解くと、スマホのストレージが表示されます。





microSDをセットしてるので、本体とSDカードの2つの保存先が表示されています。

>>【参考記事】SDカードをセットする



私の場合は、SDカードに「Music_sd」という音楽専用フォルダを作っています。


ここに取り込んだCDデータをコピーします。




RealPlayerの保存先フォルダから、スマホのフォルダへ音楽のファイルをドラッグ&ドロップします。




ファイルのコピーが開始されます。





スマホのSDカードにお気に入りCDの音楽ファイルがコピーされました♪




SDカードが無くても、本体側にコピーすることもできますので、ご安心を♥



スポンサーリンク





3.スマホのプレーヤーで再生する



さて、取り込んだ音楽を聴きたいと思います♪

スマホでメディアプレーヤーを起動します。


私はWinampというプレーヤーを使ってます。もちろん無料版をw





WINAMPのタイトルで「アーティスト」を選択してみます。





おお!入ってる♪




では再生!



バッチリ!お気に入りCDがスマホに入りました!



少し手順が長く感じますが、やりだすととってもかんたんなので、ご安心を♥



これでいつでも、どこでもお気に入りCDが聴けますね♥


【参考】Airdroid(エアードロイド)を使って無線Lanで取り込む方法はこちら


CDの曲をスマホに入れるにはこちらのRealPlayer(無料)が必要です!!
↓↓

↓↓RealPlayerの無料ダウンロードはこちら

さらにYOUTUBE、ニコニコ動画などの動画共有サイトから動画のダウンロードしてパソコンに保存することもできるようになりますので、オススメです!!



スポンサーサイト



ポチッとお願いします♪

スマホの電池を長持ちさせる

スマホの電池の減りは早いです・・(泣)

大画面ディスプレイに数々の便利な機能を搭載するスマートフォンは、大食いなんですね。



スマホの電池を長持ちさせる方法について紹介したいと思います~。


スマホの電池を長持ちさせるには3つの方法を提案したいと思います。


①スマホを節電する
②予備バッテリーを持つ
③大容量バッテリーに交換する



う~ん、思いつくところではこんな感じ・・・


とにかく大食いのスマホ!いかに楽しむ時間を長くできるかが勝負です。ひとつづつ紹介していきたいと思います~!



スポンサーリンク




①スマホを節電する



まずは肝心のスマホ本体の消費電力を抑えるところから。

これは月並みな設定ですが、効果は絶大です。

■Wi-FiをOFF
意外と電池を食うのが通信関係です。
無線Lanがない環境でWi-FiがONになっているとスマホがWi-Fi電波をひたすら探している状態になります。

この「電波を探す」というのが、思いのほか電池を食います。チビチビとボディブローのように効いてきます。

画面上の通知パネルに扇形のアイコンが表示されている場合、Wi-Fi設定がONになっています。


電波が無い場合は、OFFにしておきましょう。

「メニューボタン」から「本体設定」で


「Wi-Fi」を「OFF」にします。


■BlueToothをOFF
「Bluetooth」はスマホとヘッドホンやキーボードなどの周辺機器をワイヤレスでつないでくれる便利な機能ですが、これも環境が無い場合は電池の無駄遣いになります。

Bluetoothヘッドフォン


使用しない場合は、コチラもOFFにしておきましょう。


「Wi-Fi」と同じく、「メニューボタン」から「本体設定」より、




「Bluetooth」を「OFF」にします。





■GPSをOFF

Googleマップの現在位置やFackbookでの位置情報で使用するGPSも、かなりの電池食い。

よほど必要なければ、普段はOFFにしておくのがベター♪

「本体設定」より「位置情報サービス」をタップ。


チェックを外すと、GPSがOFFになります。



アプリで使用するときにチェックを入れなおしてGPSをONにすれば使用できます。


■同期をOFF

自動同期をoffにします。

「本体設定」から「アカウントと同期」をタップします。



必要なアプリに応じて、オンオフの設定を切り替えます。




GMailのように通知が欲しいアプリの同期はONにしておきます。
※同期する時間を変えることができます。同期時期を長めにすることで節電できます♪


■ディスプレイを設定

兎にも角にも一番電池を食うのが、スマホ最大のウリである「大画面液晶ディスプレイ」です(泣)

スマホの消費電力のほとんどは液晶ディスプレイで60%以上。その次にシステムOSで15%くらい。あとはちょこちょこアプリなどが消費しています。


ですので、画面の明るさを落とすだけでも節電になります。

「本体設定」>「ディスプレイ」から「画面の明るさ」をタップ。


お好みの明るさに調整してください。


もちろん、すぐにスリープにするように時間を設定すれば、かなりの節電になりますよ。



スポンサーリンク




②予備バッテリーを持つ




第2の方法が、予備のモバイルバッテリーを持つ方法です。

スマホの電池容量は限られているので、いつでも充電できるように予備バッテリーを持っておこうという考え方です。


スマホのバッテリーはリチウムイオン電池が主流。メーカーによって差はありますが、だいたい1500mAh前後の容量を持っているのではないでしょうか?
(ちなみにiPhone4Sは1400mAhです)

大容量 10000mAh!
¥2799-  通常配送無料
おすすめ度: 

最近では10000mAhのモバイルバッテリーが2000~3000円程度の安値で販売されています。

1500mAhの容量であれば、4~5回マンタンにできる計算ですから、必要十分のキャパシティがあります。


信頼のMade In JAPAN!
SONY
スマホ用USB出力機能付
薄型FLATタイプポータブル電源
7000mAh ケーブル+アダプタ付
CP-F2LSAVP

価格:¥5225-  通常配送無料
おすすめ度: 

オイラとしては、少々割高になりますが性能と信用で日本製をオススメします。評価を見るとやはり割安な海外製は当たり外れが多く、スペック性能がでていないケースがほとんどですね!


これで出張でも、旅行先でも電池切れの心配なく、思いっきりスマホで遊べますね♪


>>【参考記事】モバイルバッテリーはこちらです!



スポンサーリンク





③大容量バッテリーに交換する



3つめにおすすめする方法が、本体バッテリーそのものを「大容量のバッテリー」と交換してしまう方法です。



例えば、docomoのArrowsX F-05Dの場合、



純正バッテリーなら1400mAh程度です。




1400mAhの意味は、例えばスマホが100mA(ミリアンペア)の消費電力であれば14時間使える。という電池容量の表し方をしています。もちろん、この数字が大きければ大きいほど電池の容量が大きいことになり、長持ちすることになります。



たいていのスマホの純正バッテリーは大きさの問題などから、1500mAh前後のバッテリー容量が標準スペックとなっています。


これを、そっくり容量の大きなバッテリーに換えてしまえば、長持ちするやないか!という、単純な計算がなりたちます。



で、巷には恐ろしいものがありまして。

ARROWS X LTE F-05D
大容量バッテリー + 専用背面カバー レッド
マゼンタ
3400mAh

価格:¥5980-  通常配送無料
おすすめ度: 




純正の1400mAhに対して3400mAhという2.4倍の大容量を持つバッテリーがあるんです。


持ち時間2.4倍です。




その分厚みがあります。




う~ん、大容量なだけ、厚みも倍・・・汗




そのまま乗っけると・・・



完全にオーバーサイズ。出っ張ってますので、専用のカバーで覆います。




ちょっとデブになりますが・・・パワーアップという感じでサイコー!!


なんせ2.4倍ですから。




これはこれで、おしゃれ♪



Arrowsだけでなく、その他いろいろな機種モデルも発売されています!!



>>「大容量バッテリーに交換する」はこちらで紹介しております。



ARROWS X LTE F-05D
大容量バッテリー + 専用背面カバー レッド
マゼンタ
3400mAh

価格:¥5980-  通常配送無料
おすすめ度: 




ちまちま節電するよりも、大容量バッテリーを使って”おもいっきり"スマホで遊ぶ!!というのがせおりーではないでしょうか?


ぜひお試しあれ!!!


ポチッとお願いします♪

スマホでファミコンをする

Androidにエミュレータがありました。

なんとアプリで公開されております。

その名もJohn NES Lite!れっきとしたGooglePlayで公開されているアプリです。




John NES Lite (NES/FCエミュレータ)
高速で高品質なNESエミュレータ
John NES LiteはAndroid 2.2以上用のNES/ファミコンエミュレータです。このアプリは単体では動作しません。ゲームファイルが必要です。




しかも無償版がありました~


え~、ゲームファイル(いわゆるROM)についてはご自身でご用意下さいませ。

ROMの取得については、自己責任でお願いしますm(_ _)m



とりあえず、PCにいつの間にやらあったゲームファイル(以下ROM)をUSBでつないで、コピーします。


ROMファイルはZipファイルになっています。


よっこらしょっ、と。


≫【過去記事】パソコンとUSB接続する



ほいで、JohnNESLiteを起動しま~す。



アイコンをタップ!!



起動したら、右上のメニューをタップすると、メニューが開きますので「ゲームの読み込み」をタップします。





するとゲームファイルであるROMの検索が始まります。




僕は「ext_SD」外付けSDカードに「NES_ROM」というフォルダを作って、そこにROMを入れてます♪


ROMを自動で検索して、表示されます。
(表示されない場合は、エミュレータに対応していない場合があります。その場合は諦めるか、再度でROMを探してみてください(自己責任))



「マリオブラザーズ.zip」が表示されました。ROMファイルはzip形式なのね♪



これをタップします。


じゃじゃ~ん!!




ほんまにできるんかいな!


って懐かしいBGMが流れています~♪



で「START」ボタンをタップします!でた~!!




コントローラーまで画面についています。操作はこれをタップするだけw



おおお~懐かしい。



世代だ。



こんなのもありま~す♥


「なめんじゃねえ、コノヤロー」ってか♪



他にもROMはいろいろあるようですので、イロイロと探してみては如何でしょうか?


いやー、昔を懐かしみながら、暇つぶしっていうのもイイもんです♥



無料ですよ!↓↓↓


John NES Lite (NES/FCエミュレータ)
高速で高品質なNESエミュレータ
John NES LiteはAndroid 2.2以上用のNES/ファミコンエミュレータです。このアプリは単体では動作しません。ゲームファイルが必要です。





その他にもいろいろ無料エミュレーターが公開されていますので、お試しください。



スポンサーリンク


ポチッとお願いします♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード クレジットカードでID登録するなら、楽天カードが絶対オトクです!!
► 音楽を聴く♪
► HowTo
 ・失くしたスマホを探す
 ・パソコンでアプリダウンロード
 ・スマホをWi-Fiでつなぐ
 ・RealPlayerをダウンロード
 ・YouTube→スマホ
 ・動画を音声ファイルへ変換
 ・スマホの電池を長持ちさせる  ・エミュレータでファミコン
 ・ダウンロードした動画を見る
 ・YoutubeをMP3に変換する
 ・SDカードが読み込めない
 ・動画を見よう
 ・マンガを読もう
 ・電子書籍を読もう
 ・写真を撮ろう
 ・壁紙を変更する