FC2ブログ
スマートフォンで遊ぶブログです。 設定方法、アプリ&ソフト、便利な使い方まで、わかりやすく紹介しています!

スマホ基本操作


>>スマホ画面の見方


Androidスマートフォンやタブレットの基本操作です。


メーカーによって微妙に特色がありますが、基本的な操作はOSであるAndroidで行っているのでほとんど同じです。



■電源・ボリュームボタン


ほとんどのスマホ、タブレットの本体横一番上に電源ボタンが設置されています。


Samsung製GaraxyS2は右横に単独で電源ボタンがある。



大抵はボリュームボタンとセットで左右どちらかにあります。


Xperiaはボリュームボタンと並んでいる。



電源ボタンを長押しすると、シャットダウンになります。



通常上側の小さいほうが電源ボタンで、下側の横長のボタンがボリュームボタンという配置になっています。



これはスマホだけでなく、タブレットも同様の配置のモデルが多く発売されています。


GoogleタブレットのNexus7も同様の配置。



ボリュームボタンのどちらかを長押しすると、マナーモードになるようです。



スポンサーリンク





■ホーム・メニュー・戻るボタン


正面ディスプレイの下に配置されている3つのボタン。




メーカーによりボタンのデザインや、メニューと戻るが逆の場合もありますが、基本的には真ん中が『ホーム』ボタンで、その両サイドに『メニュー』ボタンと『戻る』ボタンが配置されています。


タッチ以外の本体操作のほとんどを、このボタンで操作します。



●ホームボタン


赤枠で示しているところが、ホームボタンです。アプリ起動中やメニュー画面など、どこからでも強制的にホーム画面に戻ることができるボタンです。



とにかく訳がわからなくなったら、このボタンさえ押せば『ホーム』画面に戻れるので、覚えておきましょう♪



但し、ホーム画面に戻っても、ほとんどの場合、アプリはバックグランドで動き続けていますので、アプリアイコンを押せば続きから再開できます(そうでないアプリもありますが)


バックグラウンドで動いているアプリは、メモリを食っていますので、アプリから終了するか、タスク管理してアプリを終了させて下さい。




●メニューボタン



メニューボタンにはメーカー各社でいろいろなボタン表示があるようで、まあ大体左右のどちらかの矢印じゃない方がメニューボタンと思って結構です。


メニューは様々な場面で使用します。ちょうどWindowsで言うと、マウスの右クリック的な使い方をします。もちろん、ほとんどがメニューの呼び出しです。


ホーム画面で「メニュー」を押すと・・・



壁紙や本体設定、アプリの管理など、スマホを設定する重要なメニューが表れます。


※メーカー機種によっては表示されない場合があります。その場合はアプリアイコンから「設定」画面に行くことができます。ホーム画面にない場合は、ランチャー画面のほうにあります~



ここから着信音や壁紙など細かな設定画面に進んでいきます。



Androidの設定はこのメニューボタンから始まるのです。


この操作はアプリの中でもメニューを呼び出す時に使うので、少し行き詰ったときにポチッと押してみてくださいね♪




●戻るボタン


『戻る』ボタンでいいのでしょうか?



リターンボタンなどカッコイイ呼び方があるんではないでしょうか?


いいんです。『戻る』ボタンでw


わかりやすいから。


とにかく、戻る。

さっき見ていたページに戻る。さっきやっていた作業に戻る。


戻る時は『戻る』


大抵、矢印のボタンなので、戻りたいときに押してください!!



スポンサーリンク




■タッチ操作


●タッチ&タップ

Andoridスマートフォン、タブレットは、基本的にタッチスクリーン液晶を指でタップ(またはタッチ)することで操作します。


画面を軽く触ること『タップ』、強く長く押すことを『タッチ』と呼びます。



●フリック



画面をタップしたまま、すばやくスライドさせることを『フリック』と言います。

ホームやランチャー画面を左右に切り替えるときなどに使います。



●ドラッグ



アイコンなどをタッチしたままの状態で、指をスライドさせることを『ドラッグ』と言います。

アイコンなどの一を変えるときなどに使います。

指を離すと、その位置でアイコンが固定されます。これをその場所に落とすという意味で『ドロップ』と呼んでいます。

この操作ことをまとめて『ドラッグアンドドロップ』と呼んでいます。



●ピンチ



画面を2本の指で挟んだり広げたりするように、タッチしながらスライドさせる操作をピンチといいます。

画面を拡大したり、縮小したりするときに使います(新聞などの字を大きくするときに良く使います)


>>Android画面の見方



スポンサーリンク


スポンサーサイト



ポチッとお願いします♪

スマホ画面の見方

>>スマホの基本操作


●ホーム画面とランチャー画面


初めてスマホに触ったときに思ったのが、スライドする画面の多さ!!

まずホーム画面は左右に5~7つ画面があるので、指を左右にスライドすることでホーム画面を入れ替えることができる。




さらにAndroidには、通常の電源ONした時に表れるホームらしき画面とは別に、大量のアプリのアイコンが並んでいる画面がある。


なんじゃこりゃ~!!!


実はこれ、ランチャー画面というAndroid独特の、アプリやウィジェットを管理する専用画面なんです。




画面下の真ん中にあるボタンで行き来できます。


「ホーム」の時はアイコンを現すボタン、「ランチャー」の時はホームを表す家のボタンです。



※メーカーによりボタンの模様は違いますが、意味は伝わると思いますので省略。



で、このランチャーさん何をしてくれるかというと、電源ON時に現れるホーム画面、 Windows的に言えばデスクトップ画面に表示するアプリの整理整頓を手助けしてくれる、ありがた~い画面なのです。




本来であればアプリの管理などは、もっとバックグランド(裏方)でコソコソと消したり入れたりしていたワケですが、Androidではボタンひとつで行ったり来たりできるように改革されているワケなのです。


いわゆる「アプリの倉庫」と思ってください。



ここから、アプリを出し入れすることで、普段使うホーム画面を、使いやすく整理整頓してカスタマイズするワケです。



ホーム画面で使わなくなったアプリは、ドラッグ&ドロップで画面下のゴミ箱に「ポイッ」とします。





がランチャー画面では生きているので、また必要になったら、ランチャー画面でアイコンを長押しするとホームに配置させて復活させることができます。






また、ランチャーではウィジェットも保管されています。



ランチャー画面の時に、右下のボタンでアプリとウィジェットを格納している画面を移動できます。


ウィジェットも長押しして、ホーム画面の空きスペースにドラッグすれば、使用することができるようになります。
(メーカーによっては、画面スライドだけで移動できるスマホもあります・・・)



スポンサーリンク





●通知パネルを使う


Android独特の画面として、画面上部にメッセージの出る『通知パネル』があります。

ホームまたはアプリ画面上では表示されなくても、バックグラウンドで何が起こっているか教えてくれます。

かんたんなメールなら誰から来たのか、内容もここで読むことができます。



電池残量を表示するウィジェットアプリをインストールすれば、通知パネルに電池残量が表示されるようになります。その隣はセキュリティアプリ『アバスト』(無料)。

バックグランドでしっかり見張っていますよ!と確認できて安心♪


通常のメール、Gメールの着信もここで確認できる。


メッセージ欄をタッチして、下向きに『フリック』すると、通知パネルを開くことができる。



メニューをいちいち呼び出さなくても、マナーモードなどの設定をここで行うことができます。



通知パネルを隠す(ホームに戻る)場合は上側にフリックするだけ。便利です♪


各メーカーごとに細かいところが違います(ボタンのアイコンなど)が、基本的な操作は同じです。またホームやランチャーそのものをカスタマイズする「アプリ」が公開されていますので、いろいろと自分流にカスタマイズしてみてはいかがでしょう。


>>Andoroidの基本操作

>>アプリのアンイストール方法



スポンサーリンク


ポチッとお願いします♪

タブレットPCの良いところ

■タブレットの概要


いま俗に言われる「タブレット」とは何を指して言っているのでしょうか?

タブレットPC、タブレット型端末、○○パッド・・・


Apple iPad2 16GB


兎にも角にも、そのスタートはAppleのiPadではないでしょうか?


かんたんに言うと、ノートパソコンの進化系。



ASUS Eee Pad Transformer TF 101


キーボードを取っ払った、タッチパネル操作するパソコン。



ぶっちゃけて・・・



電話のできない大きなスマホでございますw



もちろん、こいつらにも『Android』は搭載されていて、タブレットを操作するOSとして縁の下の力持ちになってくれてます♪(iPadはIOSになります)





iPadが生まれた時は、画面のサイズは10インチでした。


今では7インチが主流となりつつあります。APPLEも7インチモデルのiPad-miniを発表し、追従しています。


GoogleのNexusは4インチ、7インチ、10インチをラインナップ。


スマホサイズの4インチもあります。


電話機能のついていないスマホサイズはタブレットと呼んでいいんじゃないか?と思います。

Phoneじゃないですから。



基本、タブレットはノートパソコンと同じく、
家の中でインターネット回線(無線LAN)で楽しむもの


とお考え下さい。



タッチパネル式の電話機能を持たない端末のことを『タブレット』と呼びましょう!




■何ができるか?

もちろん、タブレットだからといって電話ができないわけではありません。


詳しいことはここでは省きますが、電話機能の付いたモデルも発売されています。
(もちろん電話機能のないものは電話できません!)




●iPadは通常のWi-Fiモデルとは別に電話機能付きもラインナップ。
(別途通信キャリアと契約が必要です)


 電話機能はスマホに任せておいて、ここでは純粋に『タブレット』で何ができるのか?その使い方について紹介したいと思います。


●画面が大きい
タブレットの強みは何といっても、画面が大きいことです。

タブレットの標準の画面サイズは7インチから10インチありますので、マンガや動画が圧倒的に見やすくなります。


イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan



新聞もこの通り。バッチリ活字も読めます♪


朝日新聞デジタル for Tablet(無料)



Youtubeなどのストリーミングも、スマホと比べるとコレだけ違います。






●持ち運んで使いやすい
さらにタブレットの良いところは、薄くて軽いので持ち運びが楽なところ。


いつでも、どこでも気軽に、そのままタッチするだけ。




リビングのソファに座りながらインターネットしたり、マンガを読んだり、新聞を読んだり、はたまたゲームをしたり。



マウスやキーボードなどの入力機器もいらないので、持ち運んだ先でパッと電源を入れて、指でタッチするだけ。


かさ張るマウスや電源コードは要りません!!



つまり、雑誌か何か軽くて薄っぺらいモノを持っていって、その場にドンと座って、雑誌をパラパラめくるみたいにいきなりインターネットマンガ映画ゲームができるスゴイヤツです♪





●どんなファイル形式も認識

これはAndroid搭載のスマホにもいえることですが、iPhoneやiPadと違って、Windowsを基準として標準とされているファイル形式に対応しているということ。


<Androidでサポートされる主要なメディアフォーマット>

【オーディオ】
AAC LC/LTP
3GPP (.3gp)
MPEG-4 (.mp4, .m4a)
HE-AACv1 ( AAC+ )
HE-AACv2 ( エンハンスト AAC+)
FLAC (.flac) のみ
MP3 (.mp3)
MIDI(Type 0 と 1 (.mid, .xmf, .mxmf) 。および RTTTL/RTX (.rtttl, .rtx), OTA (.ota)
WAVE (.wav)


【イメージ】
JPEG (.jpg)
GIF (.gif)
PNG (.png)
BMP (.bmp)


【ビデオ】
H.263(3GPP (.3gp) と MPEG-4 (.mp4))
H.264



このほかアプリ(無料)を使えば、Zipなどの圧縮ファイルやAVIなどの標準ビデオファイル、さらにフラッシュビデオ形式のFLVも再生可能です!!


Youtubeなどのストリーミング動画なども再生できるMoboPrayer(無料)

MoboPlayer
(無料)





また、タブレットと自宅のパソコンとのファイルのやり取りも付属のUSBアダプタや、市販されているMicroSDでかんたんにできるので、ぶっちゃけ「やりたい放題」でございます。


Micro-USB Bタイプ
ケーブル
【32GB】
microSDHCカード






●種類が豊富

純血、一子相伝のiPad、iPhoneと違い、様々なメーカーから いろんなスペック、いろんな価格のタブレットがピンからキリまで発売されています。ですので五字分の使い方に合わせて、選びたい放題。


Googleから発売された、今イチオシのNexus7は価格、スペックとも最高ランク。

Google
Nexus 7 タブレット
32GB Android Wi-Fiモデル
【日本国内版】

価格:¥33800-  通常配送無料
おすすめ度: 

4インチから10インチまで、3モデルを発表。


Nexusの対抗馬、AmazonKindleFireHD。

Amazon
Kindle Fire HD
32GB

価格:¥19800-  通常配送無料
おすすめ度: 


こちらもハイスペックながら、チョー低価格設定!!


中国大手「LENOVO」のIdeaPad Tablet。

Lenovo
IdeaPad Tablet A1 シリーズ
7.0型ワイドHD液晶 16GB
カーボンブラック
2228-3EJ

価格:¥14362-  通常配送無料
おすすめ度: 


面白いのは中華パッドと称されている中国製タブレット。

スペックは少し劣るが、価格が尋常じゃないぐらい安い!!


最新機種
MOMO9三代
Android 4.0 A13タブレット
7インチ

価格:¥7280-  通常配送無料
おすすめ度: 



「Android」タブレットをお試ししてみたいヒトにはオススメ。

贅沢を言わなければ、動作は少し遅いですが、必要十分の性能を持っています♪


どれもAndroidは標準で搭載されていますので、Windowsのような、ややこしいOSのインストールの必要はありません。買ってすぐに使えます♪




●自宅でレンタル

もちろんGooglePlayからビデオ購入やレンタルして視聴可!


【アメイジングスパイダーマン】



HDMI出力があれば、タブレットから自宅のテレビに出力可!!





PLANEX
ハイスピードHDMIケーブル



やりたい放題♪のAndroidタブレットです~^^




冒頭にも書きましたが、タブレットにもWi-Fiモデルと3G、4GLTEなどの電話回線を使うものがありますが、Wi-Fiモデルでも公衆無線LANエリアであれば、屋外でも家の中と同じようにインターネットにつなげることができますね♪


マクドナルドが近くにある人はWi-Fiモデルで問題ないかもw


基本、タブレットはノートパソコンと同じく、
家の中でインターネット回線(無線LAN)で楽しむもの


とお考え下さいね♪

でわでわ 



スポンサーリンク


ポチッとお願いします♪

スマホとアイフォンの違い

スマホとは「スマートフォン(SmartPhone)」の略です。


アイフォンはそのまま「iPhone」です。



これがiPhoneです。唯一無二。


 どちらも同じく「○○フォン」ですが、ひとくくりにするとタッチパネルを持った多機能な携帯電話のことを「スマートフォン」と呼びます。ぶっちゃけ、iPhoneもスマートフォンです。


 但し「iPhone」とはApple製のスマートフォンの名前ですので、他のメーカーのスマートフォンがiPhoneと呼んでも良いかというと×ですw。



Androidって何?でも紹介した相関図で見ると・・・




このようにはっきり分かれます。



つまりAppleのiPhone以外は全てスマホでAndroid搭載。と考えてもらえるとわかりやすいかと。



 iPhoneの産みの親(つまりスマホの)スティーブジョブズ曰く

   ・iPod(音楽を聴ける、カメラ機能)
   ・Phone(電話)
   ・internet(インターネット機能)

 これらをもったデバイス(機器)がiPhone(スマホ)であると。



<iPhoneを発表するスティーブジョブズ>



 
 つまりタッチパネル式のスマートフォンのパイオニアは「iPhone」なのですが、他とは交わらない個性と独創性のメーカーであるので、誰でも参加できる「Android」のスマホが生まれたというのが、現在の流れでしょう。


 「Android」の産みの親は、あのGoogle。
(Android搭載のスマホには「Google」のロゴが入っています)






 「Android」はオープンソース(プログラムが公開されている)のOSなので、誰でもソフトウェアの開発ができ、世界中で便利なアプリがたくさん生まれ、公開されるようになりました。



 が、そのオープンな反面、ウイルスなども開発され、問題となっていますがああ(汗)



►► (ニュース)グーグルが提供するアンドロイドの不正アプリ急増 8月15万6000種 9月17万5000種


 敷居が低い分、治安も悪いわけです。ですのでセキュリティの自己防衛が必要になってきます。そういったこともキッチリ勉強しておく必要もあります。






►► ウイルス対策について(Android_Master)


しっかり勉強して自己防衛していれば、制約が少ない分、iPhoneでは出来ないような色々なことが自由にできるワケです♪(iPhoneでは何でもiTunesで同期しないとイケない(泣))



 パソコンからファイルをドラッグ&ドロップするだけで、動画が見れたり、音楽が聴けたり、マンガが読めたりするんですね!!←←ココ、スゴイ!!




【Androidマンガネット】さん配信




 もちろん、専用アプリのダウンロードは必要ですが、ほとんど無料で優秀なアプリが配布されているので、色んなことを楽しむことができます!!




セキュリティ対策は万全に!
Android厳選アプリ スマートフォンセキュリティ
価格:¥1436-  通常配送無料
おすすめ度: 




 iPhoneとその他スマートフォン(Android)の関係は、一長一短です。



 iPhoneはOSシステムが安全ですが制約が多く、出来ることが決められてしまう。ハードの進化が遅い。


 Androidスマホは自由に何でも出来る分、危険性は高いが、ハードも「おさいふケータイ」やSDカード、赤外線などの対応があり、進化が早いのが特徴。


 どっちも、どっちですがお好みで!!



スポンサーリンク


ポチッとお願いします♪

androidって何?

ついに我が家にもAndroidなるものがやってきました!!




とはいえ、実際はタダの”スマホ”なのですが、なにやらこの中に巷で噂の『アンドロイド』君が入っているらしいのですが・・・いったい何処に?




実は、電源を入れてディスプレイに表示されるスマホ画面そのものがAndroidなんです。


つまり、Androidとはスマホ(SmartPhone)を動かすためのプログラムのことで、Windowsなどと同じ「OS(オペレーションシステム)」のことを指しています。




「OS(オペレーションシステム)」とは、パソコンで言えばMicrosoft社のWindowsXPやWindows7であったりする。



Appleで言えばiPhoneやiPadなら「ios」、MACだとSnowLepardやMountainLionと呼ばれている「MAC-OS」が動いています。








どんなコンピューターであれ、何かしらの「OS(オーエス)」の上で動いているのです。





「Android」はGoogleの開発した、スマートフォン・タブレットPC専用の「OS」のこと。







とまあ、こんな風に「Android」は人間とスマホ・タブレットをつないでくれる縁の下の力持ちなわけ。



スマホ・タブレット用OSの相関図を書くとこんな感じ・・・





このように、OSとデバイス(ハードウェア)が分かれているわけですね。



さまざまな便利で楽しいアプリ達もAndroidやそれぞれのOSの上で動いていることになります。






で「Android」のホーム画面を見てみると、




こちらはオイラのau、ArrowsZ ISW13Fという機種の「ホーム画面」(ほぼデフォルト状態)


メーカーやキャリアにも影響(かなり)されますが、アイコンや配置が違いこそすれ、基本的な操作は同じ。





こちらはアプリやウィジェットがまとめて置かれている「ランチャー画面」。


何やら、アイコンがたくさん並んでいます。


このアイコンひとつひとつが、アプリ(ソフトウェア)となっており、タッチするとそれぞれのアプリが起動します。



ちなみに、こちらはmomo9という中国製タブレットのホーム画面。




ちょっと違う感じがしますが、基本操作は全く同じなんですよ♪



こちらはmomo9のランチャー画面です。




どちらもアイコン(アプリ)がたくさん並んでいますね。

いつも使うアプリをホーム画面に置いておき、ランチャー画面はアプリの仮置き倉庫といった感じでしょうか。




 Androidでは、電話も、メールも、音楽も、カメラも、撮った写真を見るのも、動画を見るのも、ゲームをするのも、電子ブックを読むのも、すべてこのアイコンの”アプリ単位”で行うようになっています。




アプリは「GooglePlay」やネットのサイトから取ってくることができます。




また、いらなくなったアプリもかんたんに消すことができます。



「Android」に自分の好きな「アプリ」を追加していくことで、自分カラーの楽しい「スマホ」「タブレット」になっていくことは間違いないでしょう♪





ホント何でもできるといっても、過言ではありません!!



何にしても、まだまだスマホ・タブレットの進化は現在進行形、発展途上です。





「Android」もどんどんバージョンアップしている最中です!


これからどんな形に進化していくのか、ホント楽しみですね!!



スポンサーリンク


ポチッとお願いします♪
モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト

□■楽天カード■□
★永年年会費無料★100円で1ポイント☆お得なクレジットカード クレジットカードでID登録するなら、楽天カードが絶対オトクです!!
► 音楽を聴く♪
► HowTo
 ・失くしたスマホを探す
 ・パソコンでアプリダウンロード
 ・スマホをWi-Fiでつなぐ
 ・RealPlayerをダウンロード
 ・YouTube→スマホ
 ・動画を音声ファイルへ変換
 ・スマホの電池を長持ちさせる  ・エミュレータでファミコン
 ・ダウンロードした動画を見る
 ・YoutubeをMP3に変換する
 ・SDカードが読み込めない
 ・動画を見よう
 ・マンガを読もう
 ・電子書籍を読もう
 ・写真を撮ろう
 ・壁紙を変更する